屋外で動画みるなら4G

WiMAXは4Gに比較しエリアが狭く、高速道路、山岳地帯など電波の弱いエリアではYouTubeなどの動画は視聴困難。そのようなエリアであっても4Gならば停止することなく快適に動画が視聴できる。ただ4Gには月間の使用量限度があるので、動画画質を抑え、家では極力Wifiを使うようにすれば良いであろう。

4GWiFi

WiFiレンタルどっとこむ

WiFi端末は、通信会社により電波の種類(通信エリアの違い)や機種により速度の違いがあります。

WiFiレンタルどっとこむなら、24時間365日、いつでもお申込みが可能です。また13時までの申込みで当日中に WiFi機器を発送いたしますので、最短翌日にお受取が可能です。 ご利用日当日に届くように発送いたしますのでお客様のご予定に 合わせてお申込みください。宅配もしくは空港での受取が可能となります。受取頂ければ、簡単な設定だけでご利用ができます。1カ月レンタルの場合、1日わずか209円。

WiFi

WiFiとLTEの違い

Wi-FiもLTEには大きな違いがあります。Wi-FiはWireless Fidelityの略で、無線LANの1つに分類されます。スマートフォンのテザリング機能を使うことで、スマートフォンをWi-Fiルーターとして使うことが出きます。LTEは、Long Term Evolutionの略で、携帯電話用の通信回線規格です。LTEを利用できるのはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスに限定され、各携帯電話会社が所有する基地局をアクセスポイントとしています。 電波の距離が半径数100メートルから数キロメートルとエリアも広いのが特徴です。

LTEWiFi

WiMAXとG4LTEの比較

WiMAXとG4LTEを比較します。WiMAXの電波は届きにくいのに対し、4GLTEは非常に届きやすい電波です。WiMAXの電波は直進性が強く反射しづらいため、障害物を回り込んで到達する能力が低く、受信出来ないエリアが広くなります。一方、月間データ量の上限については、4GLTEは月間7GBなどの制限があるのに対し、WiMAXは「ギガ放題プラン」で契約すれば月間データ量無制限という特徴があります。iPhone一台持ちの状況では、G4LTEを使用下でさらにWiMAXと契約するのは意味ありませんが、新旧iphone二台持ちの状況で、外出先で二台使うにはWiMAX契約は必須と思われます。