電子マネーiDのメリット

「iD」はNTTドコモが展開している電子マネーです。iDを使って支払う時は、おサイフケータイ対応の携帯電話で個人認証(指紋認証またはパスワード)した上で端末にかざして下さい。iDは後払い方式の電子マネーなので、原則としてiD対応クレジットカードとのひも付けが必要です。iDに対応しているクレジットカードは以下のとおりです。なお、iDはネットでの支払いには使えません。

おサイフケータイ・iD一体型カードの両方が使える会社
・NTTドコモ(dカード)・三井住友カード・オリコ・VJAグループ(三井住友トラストカード、りそなカードなど)

おサイフケータイだけに対応している会社
・イオンカード・クレディセゾン・UCカード・ライフカード・セディナ・ポケットカード

iD一体型カードだけに対応している会社
・大和ハウスフィナンシャル・ペルソナSTACIAカード

Apple PayでSuicaをiPhoneに入れる

Apple Payは、iPhone上に搭載された電子マネーやクレジットカードなどの決済サービスである。SuicaやクレジットカードをApple Payに登録することで、iPhoneで決済できるようになる。まず、iPhoneでSuicaアプリをインストールして、お手元のSuicaカードを登録しよう。登録すればiPhoneがSuicaの替わりとなり、iPhoneをかざすことで駅の改札口を通過できる(ただし、登録された元Suicaカードは死滅する)。改札口通過時、iPhoneはアプリを起動する必要は無く、スリープ状態でもOK。iPhoneのWalletにクレジットカードを登録しておけば、iPhone上でSuicaのチャージが可能である。