一種のIoTで最先端スマート家電であるルンバ

最近の家電はInternetとつながるようになっている。このように、Internetにつながっている(パソコンでない)物をIoT(Internet of Things)という。以前より、家電にはプログラムが組み込んであって、炊飯器であれば経過時間とともに火加減を調節することが出来たり、洗濯機であればプログラムされた回転・逆回転を繰り返したり出来ていたのだが、家電についているスイッチを押さなければ、止めたり開始したり、プログラムを選択したり出来なかった。しかし、お掃除ロボットのルンバのように、家電がInternetにつながることにより、掃除機自身ではなくスマホから掃除機のスタートさせたり、スタート時間をセッティングしたり、働きぶり(動いた軌跡、掃除面積)を確認することが出来るようになった。日産の電気自動車リーフも一種のIoTであって、スマホで充電状況を確認したり、エアコンを起動したり、走行履歴を確認することが出来るようになっている。このような時代の最先端のIoTを実感するのに、ルンバは最適ではないかと思う。