RPA(Robotic Process Automation)で業務自動化

RPA(Robotic Process Automation)とは単純な業務を自動化するテクノロジーであり、多くの企業が人件費削減の切り札として取り組み始めたところ。RPAには、Class1~3の3段階あるとされる。

Class1:狭義のRPA(Robotic Process Automation)
決められた方法に従い自動的に処理を行う。

Class2:EPA(Enhanced Process Automation)(AIの一種)
大量のデータを解析し結果を出力する。例:画像を自動的にカテゴリ分けする、ビッグデータから顧客の傾向を分析する。

Class3:CA(Cognitive Automation)(AIの一種)
Class2より自立した結果を出力できる。例:売上データや経済情勢、流行などを多面的に分析した経営意思決定。