新医療広告ガイドライン施行の影響

2018年6月1日より、改正医療法に基づく新医療広告ガイドラインが施行される。医療系、クリニック系の広告については、以下のような宣伝が禁止となるとのこと。まずは、医療機関自身の広告に対して適応されるものと思われるが、いずれ規制の対象がアフィリエイトサイトも含まれる可能性は否定できない。医療機関の広告において大切なのは正確性であって、写真などで分かりやすく示すこと自体を否定するようなことはあってはならない。このガイドラインがどのように適応されるか今後注目が必要であろう。
1.体験談の広告
2.術前、術後写真(イラストも含む)
3.客観的根拠のない比較(ランキング)
4.絶対・安全等の虚偽広告
5.最高・NO.1等の表現
6.著名人の推薦、著名人も患者等の広告
7.値段の安さを強調する広告
参考)医療広告ガイドライン